PROFILE

Kyosuke Takahashi


2002年 東京生まれ18歳のレフティのウクレレプレイヤー。
6歳よりピアノを習い音楽に親しみ、幼いころからハワイを訪れるたびウクレレの音に魅了される。 ピアノで音楽の基礎を学び楽曲制作を行うようになり、14歳からウクレレを習い始め同様に多くの作曲を手掛けるようになる。

2019年の第8回インターナショナルウクレレコンテストではハワイでの本選へ選出され、ティーンズソロ部門優勝、全部門を含めた大会総合優勝(Grand Champion)、最優秀演奏者賞(MVP)の三冠を獲得した。

ライブやメディアへの出演、楽曲制作などを行っており2019年10月23日よりファーストフルアルバム『LEAVES』を全国のCDショップや通販で発売し、同時に配信サイトでも提供を開始。ウクレレ情報誌ローリングココナッツでは、2020年から連載を持ち高校生ウクレレプレイヤーとして自然体で執筆します。
※tkitkiウクレレ公認アーティスト/tkitki Exclusive Artist


Kyosuke Takahashi, left-handed ukulele player, was born in 2002 in Tokyo.At age 6 he began taking lessons of piano and got to know music.He started playing the ukulele at age 14 and he quickly took an interest in the instrument, playing it many hours a day and also has written many original compositions.
In 2019 he won Teens Sole 1st place, Grand Champion and Most Valuable Player of 8th International Ukulele Contest in Hawaii.In October 2019 the first album “LEAVES” was released nationwide. From February 2020 his essays will be serialized in Ukulele Magazine Rolling Coconuts.